こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 知的財産センターホーム
  2.  > 知的財産センターについて
  3.  > よくある質問

よくある質問

Q. 大学の知的財産センターは何のためにあるのですか?
A.同志社大学の貴重な知的資産である先生方の研究成果としての発明が適切な管理のもと、社会に還元できるようにするために、2002年2月に設立いたしました。主な業務としては、先生方の発明の権利化(特許管理)、共同研究などにおいて生じる知的財産の扱いについて企業様と協議のうえ契約書を整備するなどを行っています。同志社大学として先生方の権利を保護するとともに、企業様方に活用いただけるように努力してまいります。

Q. スタッフなどの体制はどのようになっていますか?
A.知的財産担当スタッフとして、知的財産コーディネータと知的財産業務担当を配置し、権利化にあたっては弁理士事務所と連携を行っています。また、法的な問題については弁護士事務所に相談(また、一部の特許については外部機関と提携を行い、使用先企業の開拓)を行っています。

Q. 同志社大学の先生の発明は先生のものとなっているでしょうか?
A.原則として、同志社大学の教員の職務発明については学校法人同志社の機関帰属となります。そのため、本学教員の発明の利用についてはすべて同志社大学知的財産センターが窓口となり、相談をさせていただきます。

Q. 同志社大学の発明を見たいのですが、どうすればいいでしょうか?
A.知的財産センターのホームページに本学所有の発明の一部を掲載しております。概要だけを掲載しておりますが、ご欄いただきまして関心がある発明については個別にお問い合わせをいただければ幸いです。より詳細な情報を提供することが可能です。また、必要に応じて発明者も交えてお話をさせていただくこともあります。
公開されている特許の一覧については、公開特許一覧をご覧ください。

Q. 同志社大学の特許を使わせていただく場合、どうすればいいでしょうか?
A.まずは知的財産センターにご連絡ください。 使用条件について打ち合わせをさせていただきます。期間を限定して試しに使用していただくことも可能です。実際にその特許を使ってみて自社に活用できそうであれば、実施許諾契約を交わしご利用いただければと思います。