こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 知的財産センターホーム
  2.  > 知的財産センターについて
  3.  > 運営組織

運営組織

知的財産権

同志社大学が行う研究活動によって生み出される知的財産は社会公共の財産であるとの立場に立ち、大学が権利化し、一般に公開して適正な自由競争の元での利用を促進します。知的財産の活用を促進するためには、権利化される知的財産自体が産業界にとって魅力あるものでなければなりません。研究者が広く社会との連携を行える体制作りを整備し、産業界にとって活用し易い内容を目指します。
知的財産センタースタッフによって効率的に権利化できる体制とすることで、教員にとっては権利取得に関する手続きが簡素化され、権利化に要する時間が大幅に短縮されます。権利取得の社会的意義、譲渡対価等の見直しなどを行い、教員にインセンティブを与え、社会に有意義な権利取得(特許)数の増加を目指します。

使命

  1. 同志社大学における研究成果が広く社会・人類に貢献することを目的とする。
  2. 同志社大学教職員の学術・産業・社会に対する幅広い関心と旺盛な知的好奇心に基づく自由な研究活動から新たな知的創造を行う。
  3. 同志社大学が行う研究活動によって生み出される知的財産は社会公共の財産であるとの立場に立ち、大学が権利化し、一般に公開して適正な自由競争の元での利用を促進する。
  4. 透明、公平、効率的な技術移転を可能とするため、研究成果が職務発明と認められる場合は知的財産権を受ける権利は学校法人同志社(機関)の帰属とする。
  5. 同志社大学は知的財産権が戦略的に創出・取得・管理・活用されるための体制整備を行う。
  6. 学校法人同志社(同志社大学)が所有する知的財産権の侵害に対して適切な対策を講じる。

目標

  1. 同志社大学の教職員は上記の使命を念頭におき、教育・研究・事業活動を行う。
  2. 同志社大学の研究成果が産業界に円滑に技術移転・事業化することにより、国民生活の向上や社会の発展を目指す。
  3. 発明者の権利を保護するために、研究成果の知的財産権化を推進する。
  4. ロイヤリティー収入を得てそれを新たな研究資金(研究費増)とする。また、研究成果の実施化を図ることで新たな課題を知ることが可能となり、研究内容の向上につなげる。
  5. 研究成果が社会に役立っていることが目に見える形でわかることで同志社大学の研究内容の外部評価を高める。

知的財産権の取得促進および活用のための体制・組織

  1. 同志社大学に知的財産センターを置き、本学研究者の知的財産権が最大限に活用されるように働きかける。
  2. 知的財産マインドの高揚、知的財産権の確保およびリエゾンオフィスと連携することでその権利の活用を目指す。

知的財産権取得促進のためのインセンティブ

  1. 教員の評価に知的財産権創出への貢献度を反映することを目指す。
  2. 同志社大学発明規程に基づき、発明者に対して正当な対価を支払う。

戦略的特許取得

  1. 学会・論文発表等、研究成果発表前に評価を行い、必要な特許出願を行うことを徹底する。
  2. 研究開発の初期の段階から広くて強い特許取得を目指す。
  3. 出願時から産業界にとって活用し易い内容を目指す。
  4. 出願明細書作成にあたっては、知的財産コーディネータが研究者から十分にヒアリングを行い、弁理士とも相談してより良い明細書を作成する。

産学官連携体制と特許の機関帰属化

リエゾンオフィスが同志社大学としての学外窓口の一元化を図り、本学の技術シーズを社会に対して発信するために企業との技術交流会を実施し、学外での技術シーズの発表、学外(企業など)のニーズの把握とマッチングを積極的に行います。また、職務発明の場合には知的財産権を受ける権利は、機関帰属を原則とし、大学が権利化に要する費用の補填を行います。
組織図
研究開発推進機構内部に、知的財産センターとリエゾンオフィス、研究センター(群)および寄付研究プロジェクト(群)を置き、同志社大学のさまざまな研究活動によるアウトプットの一元管理を行います。知的財産センター所長がリエゾンオフィス所長を兼務し、受託研究・補助金等による研究資金の入口と特許等研究成果の出口の双方を直接把握でき、研究開発推進機構長の元に集約される大学付設の研究所、研究プロジェクトと直接連絡を取り、有機的で効率的な研究資産の管理を行います。