こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 知的財産センターホーム
  2.  > 学内手続き・諸規定
  3.  > 各種規程・様式

各種規程・様式

各種規程

各種様式

書類のダウンロード

発明提案書の記載要領

  1. 太線枠内の各項目に記入下さい。
  2. 発明の概要の説明や図面が枠内に収まらない場合は、別紙に記載して添付下さい。
  3. 明細書案を作成された場合には、添付下さい。

項目記載要領
申請日申請書提出日を記入してください。
発明の名称発明を端的に表現する名称をつけて記入する。
発明代表者(申請者)発明者を代表して発明を届出する学内教職員・学生を指します。氏名、所属学部・学科、電話番号を記入後、捺印してください。学内共同発明者、学生共同発明者にも同様の手続きを得てください。
学内共同発明者教職員等を指します。氏名、所属学部、学科を記入後、捺印してください。
学生共同発明者学生等を指します。氏名、所属学部・学科、学生IDを記入後、捺印してください。□(チックボックス)にチェックいただいた場合は、本学発明規程を適用します。
学外共同発明者大学以外の共同発明者を指します。氏名と所属をご記入ください。
発明の概要・課題従来技術のどのような問題を解決する目的の発明であるかを記入してください。従来技術とその問題点を記入し、そのどの部分を解決する発明であるかを記入してください。
発明の概要・解決手段発明の技術内容を記入してください。右の図面に付与した符号等を利用して説明してください。
発明の概要・効果発明のもたらす効果を記入してください。発明の優位性、有用性等を記入してください。
発表予定発表予定のある場合、学会等の名称、発表日、予稿集発行日等を記入してください。
将来の可能性事業化の見通しや具体的に実施許諾の可能性がある場合には企業名等を記入してください。
帰属に関する見解申請者の見解を記入してください。同志社への承継についての見解を記入してくだい。
自己出願を希望する場合、あるいは企業等への譲渡を希望する場合には、理由と共にこの欄に記入してください。
共願先共同研究等の結果生まれた発明で共同出願する場合の共願先を記入してください。
発明に使用した研究費発明に使用した研究費の種別と合計金額を記入してください。受託研究費、共同研究費、公的資金、の場合は研究題目と資金提供元を記入ください。職務発明か否かを判定する重要な要素です。
使用設備発明に使用した主要設備を記入してください。職務発明か否かを判定する重要な要素です。
図面発明の内容を説明する代表的な図面を添付してください。
その他特記事項発明に関する特記事項がある場合に記入してください。特許調査実施済の場合、調査結果を記入下さい。

特許外国出願提案書の記載要領

項目記載要領
年月日申請書提出日を記入してください。
申請者原則的には国内出願申請者とするが、他の者でもよい 。氏名、所属学部・学科を記入後、捺印してください。
基礎出願基礎となる国内出願で、2出願を併合する場合には、基礎出願2に記入してください。3出願以上を併合する場合には、さらに基礎出願3の欄を設けてください。
出願番号特願番号を記入してください。
例)特願2003-123456号
出願日出願日を記入してください。申請日はこの日から4カ月以内を原則とします。JSTに出願費用支援を申請する場合、申請期限が出願6カ月以内です。
発明者発明者全員の名前を記入する。
外国出願国出願国を記入する。出願理由が同一の場合は並べて記入してください。PCT出願の場合にも最終的に指定する予定の国名を記入してください。
出願希望理由出願のメリットを具体的に記入してください。

記入例
  • 実施許諾候補先がある(具体名  )
  • 将来実施許諾できる可能性がある
  • 国内実施許諾先の製品が販売される
  • 販売される可能性が大きい
  • 共願先が出願を希望している(共願先の目的も確認して記入してください)